コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカイワイン Tokay wine

大辞林 第三版の解説

トカイワイン【Tokay wine】

ハンガリーのトカイ地方で造られる白ワインの総称。濃厚な甘みが特徴のデザート-ワインとして知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トカイワイン
とかいわいん
tokayTokajハンガリー語

ハンガリーの北部、トカイという町を中心とした山麓(さんろく)地方でつくられる天然甘口の白ワイン。ここに初めてブドウを植え、ワインをつくったのは、紀元前276~前82年ごろ占領したローマ人である。その後ワイン醸造に秀でたワロン人によって、13世紀ごろ新しいブドウの品種フルミントが持ち込まれた。甘口の優れたワインが誕生したのは17世紀になってからで、18世紀に入ってこの地域のカトリック司教がローマ法王にトカイ・アスーのワインを贈ったところ、法王はこのワインが気に入り、愛飲したため世界的に有名になったという。
 トカイ地方は火山灰質で、夏は暑く、秋は長く、冬は厳寒で、ブドウ栽培にはあまり適していないが、ここでフルミントという黄色種がおもに栽培されている。ブドウは晩秋まで木に放置され、その間に果皮の表面に貴腐菌(ボトリシス・シネレア)が繁殖し、貴腐ブドウとなる。収穫時は貴腐ブドウをプトニヨシュputtonyosとよばれる籠(かご)に入れる。普通の過熟ブドウ果汁に貴腐果汁を加えて混醸するが、約130リットルのブドウ果汁に貴腐ブドウ果汁を約30リットル加えることを、1プトニヨシュという単位で表す。貴腐果粒の入ったプトニヨシュがいくつ加えられるかで、ワインの甘さが左右される(プトニヨシュが多いほど甘さが増す)。
 このようにしてつくられたワインは甘口で、香りが高く、味が濃厚で、色は黄金色に輝き、白ワインの最高級にランクされる。これはトカイ・アスーとよばれる。また、貴腐ブドウのみでつくられたワインをトカイ・エッセンシアとよぶ。なお、これより品質が一段劣るワインにトカイ・サモロドニがある。[原 昌道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トカイワインの関連キーワードハンガリーのワイン祭りデザートワイン白ワインデザート総称

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android