トガリバガ(英語表記)Thyatiridae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トガリバガ
Thyatiridae

鱗翅目トガリバガ科の昆虫の総称。一見ヤガに似ているガで,世界から 120種ほどしか知られていない小群で,日本には約 30種が分布する。触角は太く扁平で,まれに櫛歯状のものがある。後肢脛節に2対のとげをもつ。トガリバの名は,ナガトガリバ Lithocharis maximaの前翅頂がとがることから (他の種では特にとがらない) 。成虫は早春に出る型と春,夏に出る型とがある。早春に出るものは一般に翅が細長く,体は軟らかい鱗毛でおおわれる。ナガトガリバは6~7月に現れ,前翅の開張幅 57~60mmと本科の日本最大種で,本州,四国,九州に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トガリバガ
とがりばが / 尖翅蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目トガリバガ科Thyatiridaeの総称。この科の種類は、はねの開張25~60ミリ。中形のガで、はねの形や斑紋(はんもん)はヤガ科に似ているが、形態的にはカギバガ科に近縁である。世界的に分布しているが、ユーラシア大陸から東南アジアに種の数が多い。日本には38種が分布している。成虫はすべて夜行性で、よく灯火に飛来する。平地から低山地に多いが、ごく一部の種は、亜高山帯や緯度の高い寒冷地に適応している。静止する際は、はねを屋根状に畳み、斑紋のほとんどない後翅を隠し、じみな色彩斑紋の前翅と頭胸部によって、背景によく溶け込む。多くの種では、胸部背面の毛の束が、まるで木の枝の切断面あるいは側芽のような形を示している。幼虫は刺毛の目だたないイモムシ型が多い。カギバガでは尾脚を欠くが、この科では、たとえほかの腹脚より小さくても、つねに存在する。食樹性で、葉を緩やかに巻いてすむものが多い。とくに重要な害虫はいない。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android