コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲダニ トゲダニ Laelaptidae; laelaptid tick

2件 の用語解説(トゲダニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゲダニ
トゲダニ
Laelaptidae; laelaptid tick

クモ綱ダニ目トゲダニ科に属する種類の総称。体長 0.6mm内外。ネズミ類や鳥類に寄生し,人畜を刺傷することはない。卵胎生で,幼虫→第1若虫→第2若虫→成虫となるが,第1若虫以後吸血する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゲダニ
とげだに / 棘

節足動物門クモ形綱ダニ目トゲダニ科Laelapidaeのダニ類の総称。体や脚(あし)に棘(きょく)状の毛をもち、体長0.6~1.2ミリの褐色卵形のダニで、哺乳(ほにゅう)類、ことにネズミ類や、鳥類の巣で生活する多数の種属が含まれる。一部の種類は宿主の体液を吸い、ほかのものは巣内で捕食生活を営むが、食性のわかっていない種属も多い。人体を刺したり、さらに伝染病を媒介するという確実な証拠はないが、その可能性は十分にあると考えられている。第二次世界大戦中に、代表種の一種ホクモントゲダニから流行性出血熱の病原体が分離されたという。[内川公人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゲダニの関連キーワードマダニダニ毛蜱粉蜱葉蜱根蜱埃蜱サヤアシニクダニダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)ヤドリダニ(寄生蜱)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone