コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビケラ類 トビケラるいTrichoptera; caddisfly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビケラ類
トビケラるい
Trichoptera; caddisfly

トビケラ目に属する昆虫の総称。小型ないし中型のガに似たからだつきの昆虫で,毛翅類ともいう。触角は糸状で長く,多数の環節から成る。複眼はかなり大きく,単眼は3個,または欠如する。大顎は退化し,他の口器も貧弱で,あまり食物をとらない。2対のは毛と鱗毛におおわれ,多数の縦脈とわずかな横脈がある。後翅は前翅より短いが幅広く,前翅より毛が少い。また前翅は樹皮様など保護色を示すものが多く,後翅は普通淡色であるが,なかには目立ちやすい色彩や斑紋をもつものもある。静止するとき翅は屋根形に体をおおってたたまれ,後翅は前翅の下に隠れる。肢は長く,歩行に適し,脛節にはがあり,跗節は5節。腹部は9~10節で,1~2節から成る尾角をもつ。変態は完全変態。幼虫は淡水中にすみ,水中に巣をつくるが,その形や巣材は科によってほぼ定まっており,一般に蓑虫 (→ミノガ ) のような筒巣をつくるものが多い。食性は肉食,草食または雑食性。成虫は水辺にみられ,多くは夜行性で灯火に集り,昼間は樹幹や草むら,石などに静止しているものが多いが,昼間飛翔する種もある。世界に 17科 7000種余が知られており,そのうち 27科 300種ほどが日本に産する。 (→昆虫類 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トビケラ類の関連キーワードミズバチ(水蜂)マルバネトビケラムラサキトビケラカワガラストビケラミズバチカゲロウ性染色体ヒメバチザザムシ水生昆虫脈翅類絹糸腺塵潜沙虫

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android