コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トプラクカラ トプラクカラToprak Kala

2件 の用語解説(トプラクカラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トプラクカラ
トプラクカラ
Toprak Kala

ウズベキスタン,カラカルパク自治共和国アムダリア右岸にある古代要塞都市 (前1~後6世紀) 。ホラズム文明の遺跡。 S.トルストフによって 1938年に発見され,王宮,ゾロアスター教神殿,神殿内部からの美術品,文書などが発掘された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トプラク‐カラ(Toprak Kala)

ウズベキスタン西部、カラカルパクスタン共和国にある都城遺跡。キジルクム砂漠の縁に位置する都城の一つ。紀元前1世紀から紀元後5世紀頃のものとされ、バクトリア美術の影響を受けた古代ホラズム美術の壁画などが見つかっている。宮殿、広場、ゾロアスター教の宮殿のほか、市民の住居の遺構がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone