トマス=フェルミ近似法(読み)トマス=フェルミきんじほう(英語表記)ThomasFermi approximation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「トマス=フェルミ近似法」の解説

トマス=フェルミ近似法
トマス=フェルミきんじほう
ThomasFermi approximation

原子の中の電子密度分布を知るため,L.トマスと E.フェルミが提案した半古典的な近似法。原子核のまわりに多数の電子が存在するとき,ある電子が原子核や他の電子から受ける静電ポテンシャルは複雑である。そこで,着目する電子の受ける静電ポテンシャル Uはその電子の位置座標だけの関数であると考え,Uがほとんど一定と考えられる範囲が電子のド・ブロイ波長に比べて十分大きく,電子系は最低のエネルギー状態にあると仮定する。これから Uに対する非線形方程式を導き出し,これを解いて Uを決める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android