コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トムソンの法則 Thomson's law

法則の辞典の解説

トムソンの法則【Thomson's law】

(1) 起電力の法則:電池の起電力 E は,電池の起電反応の反応熱 Q[cal/mol]から次の式で算出できる

ここで z は反応に関与するイオンの価数である.1851年にトムソン(W. Thomson)の提案したものであるが,後にヘルムホルツによってこれは正しくないことが指摘され,それ以後 Q の代わりにエンタルピー変化 ⊿H を用いたものが「トムソンの法則」と呼ばれる.なお反応熱をcalではなくJ単位にすると,ファラデー定数*F を用いて

となる.

(2) 蒸気圧の法則:液滴の大きさによって平衡蒸気圧が変化することを表した式.トムソンの毛管凝縮式*の別名である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

トムソンの法則の関連キーワードジュール=トムソンの法則理想気体の法則ファラデー定数ヘルムホルツジュールトムソン理想気体反応熱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android