コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヨエースSKB

1件 の用語解説(トヨエースSKBの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

トヨエースSKB

1947年、トヨタ自動車は最初の小型エンジンS型(SV、955cc、27HP)を開発し、小型の乗用車トラックに搭載した。高速化、高出力化を目指したエンジンR型(OHV、1453cc、48HP)が、1953年に開発され、生産が減少したS型エンジンの有効利用を図ることが検討された。1953年当時は戦後復興が一段落し、物流の合理化が注目され始めた頃で、比較的長い荷台を備えた三輪トラックが小口輸送の主力であった。1954年に、S型エンジンを搭載したトヨエースの前進のトヨペットライトトラック(SKB)とフォークリフトが開発された。SKBは、キャブオーバータイプによる長い荷台、四輪車の走行安定性、簡素な装備による経済性を備えたトラックの国民車として発売され、1956年にトヨエースと改称された。トヨエースは、その実用性と経済性によって、一躍小口物流のエースとなり、三輪トラックに代わることになった。保管場所産業技術記念館 (〒451-0051 愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号)
製作(製造)年1956
製作者(社)トヨタ自動車工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・公開
車名トヨエース
モデル名SKB
会社名トヨタ自動車工業(株)
製作開始年1956
車種・用途小型トラック
実車所在/模型トヨタ博物館
スタイルセミキャブオーバー
ドア数2
乗員2
車両重量1200kg
車両総重量2310kg
バンパー左右運動式
ステップ床面地上高190mm
全長4287mm
全幅1675mm
全高1850mm
タイヤサイズ゙前輪:6-16 6P、後輪:6.5-16 6P
特徴最大積載量1000kg荷台(長さ)2.495×(幅)1.515m
フレーム梯子断面コ型
前軸逆エリオットI断面
後軸半浮動式バンジョー
軸距2500mm
前トレッドx後トレッド1325×1350mm
ステアリング半可逆式ウォームセクターローラー
ダンパー(前)筒型ショックアブソーバ
特徴前:半楕円板ばね(5枚)後:半楕円板ばね(10枚)
冷却/気筒配列水冷/直列4気筒(S型)
弁機構サイドバルブ
気化器下向通風 ダイヤフラム式ポンプ
内径x行程65×75mm
排気量995mL
最高出力/回転数30HP/4000rpm
最大トルク/回転数6.2kgm/2600rpm
燃料タンク容量37.8L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前進4速、後進1段
駆動方式FR
モード燃費-
その他事項前照灯:シールドビーム2灯;ワイパー:2連式;足ブレーキ:油圧内部拡張4輪制動;手ブレーキ:内部拡張軸制動;圧縮比:6.7;最終減速:7.167(ねじれ傘歯車); :2・3・4速シンクロメッシュ;最高速度:70km/h;燃費率:13km/L;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone