コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォークリフト フォークリフトforklift; forklift truck

6件 の用語解説(フォークリフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォークリフト
フォークリフト
forklift; forklift truck

重量物積み上げ運搬装置。フォークリフトトラックともいう。荷役機械の代表的なもので,四輪車や無限軌道自動車の前面に,荷受け用の2本のフォーク (爪) が取り付けてある。フォークはマストに沿って上下して,荷物の積み降ろし作業を行ない,自走して運搬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フォークリフト

正しくはフォークリフト・トラックfork lift truck。自走できる車体の前端にマストを備え,前方に突き出たフォークがマストに沿って上下する荷役機械。フォークをパレット(荷台)などに差し込み,持ちあげて運ぶ。
→関連項目コンテナー船パレット(機械)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォークリフト

パレットを用いてユニット化した荷物の積卸しおよび運搬をする機械。構内用産業車両の代表的機種である。正しくはフォークリフトトラックfork lift truckという。車体前部にあるフォークを油圧シリンダーによりマストに沿って昇降させる。車体はゴムタイヤマウントで,駆動は内燃機関式が多いが,近年は環境対策面から蓄電池を用いた電動式が普及している。フォークリフトは,その小回り性能を活かして,貨車やトラックと資材置場や倉庫の荷受けプラットフォームとの間の積卸しや,倉庫内の荷役運搬に多用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フォークリフト【forklift】

車体前部のに突き出た二本のフォーク状の腕で、荷物の積み降ろしや運搬をする車。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォークリフト
ふぉーくりふと
forklift

工場、倉庫、港湾、駅、貨物流通基地、市場などにおいて、物資の積み下ろし、構内輸送などに使用される荷役用特殊自動車の一種。通常は四輪車で、前方に2本のマストをもち、それに沿って上下する2本のフォークを荷物の下に差し込み、持ち上げる。荷揚げ能力は小は1トンから、大は40トンにまで及ぶが、最大揚高は3メートルが標準的である。全負荷での荷揚げ速度は毎秒220~480ミリメートル程度であるが、40トンの超大型になると140ミリメートルと遅くなる。荷役を容易にするとともに、走行中の安定をよくするために、マストは前後に傾けられるようになっており、前傾6度、後傾12度というのが標準的である。取り扱う荷物の形態、性状などに応じて、フォークのかわりにさまざまなアタッチメントを備えたものもあるし、交換可能なものもある。
 四輪であるが小回りが効き、至近の荷物の下に正確にフォークを差し込まなければならないので、通常は後輪を操向、前輪を駆動して走る。通常は前輪よりも前にフォークがあり、前輪より後ろの自重で荷物とバランスをとって持ち上げるが、小径の前輪を荷物の下に差し入れて持ち上げる式のリーチ型フォークリフトもある。全長が短く、いっそう小回りが効くのが特徴である。原動機としてはガソリン、ディーゼル、同ターボ付きなどの内燃機関と、バッテリーによる電気モーターがあり、内燃機関の場合には前後進とも2段の手動または自動変速機を備える。大型のものではパワーステアリングも装備される。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォークリフトの関連情報