コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラウベ トラウベTraube, Ludwig

2件 の用語解説(トラウベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラウベ
トラウベ
Traube, Ludwig

[生]1818.1.12. シュレジエン
[没]1876.4.11. ベルリン
ドイツの医師。ドイツにおける実験病理学の創始者とされている。 J.ミュラーらに学び,心疾患と腎疾患の関係を研究し,ジギタリスの効果に注目した。 1872年ベルリン大学教授。呼吸停止時に現れる脈波の一つにはトラウベ波,また産褥期中毒症は血中に毒性物質が発生し脳貧血を起すためとするトラウベ=ローゼンスタイン説などに名を残している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラウベ
とらうべ
Moritz Traube
(1826―1894)

ドイツのコロイド化学者、生理化学者。2月12日、シレジア(現在ポーランド領)に生まれる。ベルリンで学んだのち、ギーセンに移り、リービヒのもとで修学、21歳で学位を得た。優れた医師であった兄の影響でまず医学を志したが、結局家庭の事情などで化学の道に入った。今日の酵素化学、筋収縮の生化学にあたる領域でも先駆的な業績をあげたが、もっとも有名なものは、無機沈殿反応を利用した半透膜の製出で、後のプフェッファーの浸透圧の実験や、ファント・ホッフの理論の基礎となったものである。1894年6月28日、ベルリンで死去した。[中川鶴太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トラウベの関連キーワード梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席ねぶた祭松浦武四郎アッカーマン機構

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トラウベの関連情報