コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラウベ トラウベ Traube, Ludwig

2件 の用語解説(トラウベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラウベ
トラウベ
Traube, Ludwig

[生]1818.1.12. シュレジエン
[没]1876.4.11. ベルリン
ドイツの医師。ドイツにおける実験病理学の創始者とされている。 J.ミュラーらに学び,心疾患と腎疾患の関係を研究し,ジギタリスの効果に注目した。 1872年ベルリン大学教授。呼吸停止時に現れる脈波の一つにはトラウベ波,また産褥期中毒症は血中に毒性物質が発生し脳貧血を起すためとするトラウベ=ローゼンスタイン説などに名を残している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラウベ
とらうべ
Moritz Traube
(1826―1894)

ドイツのコロイド化学者、生理化学者。2月12日、シレジア(現在ポーランド領)に生まれる。ベルリンで学んだのち、ギーセンに移り、リービヒのもとで修学、21歳で学位を得た。優れた医師であった兄の影響でまず医学を志したが、結局家庭の事情などで化学の道に入った。今日の酵素化学、筋収縮の生化学にあたる領域でも先駆的な業績をあげたが、もっとも有名なものは、無機沈殿反応を利用した半透膜の製出で、後のプフェッファーの浸透圧の実験や、ファント・ホッフの理論の基礎となったものである。1894年6月28日、ベルリンで死去した。[中川鶴太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラウベの関連キーワードオパバシュレジエンシュレジエン戦争キャッシュレジスターキャッシュレステレージエンシュタットシュレジエン織工一揆上シュレジエン下シュレジエンシュレジエン炭田

トラウベの関連情報