コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラウベ Traube, Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラウベ
Traube, Ludwig

[生]1818.1.12. シュレジエン
[没]1876.4.11. ベルリン
ドイツの医師。ドイツにおける実験病理学の創始者とされている。 J.ミュラーらに学び,心疾患と腎疾患の関係を研究し,ジギタリスの効果に注目した。 1872年ベルリン大学教授。呼吸停止時に現れる脈波の一つにはトラウベ波,また産褥期中毒症は血中に毒性物質が発生し脳貧血を起すためとするトラウベ=ローゼンスタイン説などに名を残している。また,トラウベ聴診器は彼が考案したもので,本来は内科で用いていたが,現在は産科で児心音聴取に使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラウベ
とらうべ
Moritz Traube
(1826―1894)

ドイツのコロイド化学者、生理化学者。2月12日、シレジア(現在ポーランド領)に生まれる。ベルリンで学んだのち、ギーセンに移り、リービヒのもとで修学、21歳で学位を得た。優れた医師であった兄の影響でまず医学を志したが、結局家庭の事情などで化学の道に入った。今日の酵素化学、筋収縮の生化学にあたる領域でも先駆的な業績をあげたが、もっとも有名なものは、無機沈殿反応を利用した半透膜の製出で、後のプフェッファーの浸透圧の実験や、ファント・ホッフの理論の基礎となったものである。1894年6月28日、ベルリンで死去した。[中川鶴太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

トラウベ

生年月日:1818年1月13日
ドイツの医師
1876年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

トラウベの関連キーワードクロネッカー(Hugo Kronecker)グリゴリー コジンツェフギュンター ラミンクルト トーマスカール リヒターコージンツェフロシア映画生年月日リヒターホフマン胎児心音民衆詩派ラミーン妊娠聴診

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android