コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスバール炭田 トランスバールたんでん Transvaal

2件 の用語解説(トランスバール炭田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トランスバールたんでん【トランスバール炭田 Transvaal】

南アフリカ共和国トランスバール州のウォーターベルグ,スプリングス,ウィットバンク,エルメロ炭田等の総称。夾炭層は二畳紀に介在し,可採炭層数は3~5枚,炭厚は1~5mで一般に伏在深度が浅く傾斜も緩い。炭質は原料炭,一般炭で,埋蔵量は約370億tといわれている。【大橋 脩作】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスバール炭田
とらんすばーるたんでん
Transvaal Coal Fields

南アフリカ共和国、トランスバール州中央部にある炭田。ヨハネスバーグを中心として、南西と南東方へ弓形をなして広がっている。面積約4万平方キロメートル。夾炭(きょうたん)層は下部ペルム紀(二畳紀)に属する。石炭はほとんど非粘結炭であるが、一部粘結炭を、また南部ナタール炭田では無煙炭を産する。南アフリカ共和国の可採埋蔵炭量は約553億トンで、年生産量は無煙炭約160万トン、瀝青(れきせい)炭約2億2000万トン(2000)である。[木下重教・樋口澄志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランスバール炭田の関連キーワードブリンクアフリカーンス語中央アフリカ共和国トランスバールボーア戦争南ア戦争マプート南アフリカヨハネスバーグ南アフリカ連邦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone