コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスバール炭田 トランスバールたんでんTransvaal

世界大百科事典 第2版の解説

トランスバールたんでん【トランスバール炭田 Transvaal】

南アフリカ共和国トランスバール州のウォーターベルグ,スプリングス,ウィットバンク,エルメロ炭田等の総称。夾炭層は二畳紀に介在し,可採炭層数は3~5枚,炭厚は1~5mで一般に伏在深度が浅く傾斜も緩い。炭質は原料炭,一般炭で,埋蔵量は約370億tといわれている。【大橋 脩作】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスバール炭田
とらんすばーるたんでん
Transvaal Coal Fields

南アフリカ共和国、トランスバール州中央部にある炭田。ヨハネスバーグを中心として、南西と南東方へ弓形をなして広がっている。面積約4万平方キロメートル。夾炭(きょうたん)層は下部ペルム紀(二畳紀)に属する。石炭はほとんど非粘結炭であるが、一部粘結炭を、また南部ナタール炭田では無煙炭を産する。南アフリカ共和国の可採埋蔵炭量は約553億トンで、年生産量は無煙炭約160万トン、瀝青(れきせい)炭約2億2000万トン(2000)である。[木下重教・樋口澄志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トランスバール炭田の関連キーワード南アフリカ共和国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android