コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀝青 れきせい bitumen

翻訳|bitumen

3件 の用語解説(瀝青の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀝青
れきせい
bitumen

天然アスファルトピッチ,または二硫化炭素に溶ける半固状,固状の炭化水素混合物。石油産地で原油の変質物のアスファルトピッチが発見され,瀝青と呼んだ。天然アスファルトがさらに変質して硬い黒色の固体になって加熱しても溶融せず,無酸素の状態であれば熱分解を起して炭化水素を主とする油状物とガスが生成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れき‐せい【×瀝青】

天然のアスファルトタールピッチなど、黒色の粘着性のある物質の総称。また、石炭を加圧下でベンゼンを用いて抽出したときの抽出物。チャンビチューメンビチューム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

瀝青

最初は原油などを蒸留した後に残るピッチに用いたが,後に広い意味ですべての天然に産出する様々な組成の炭化水素類に使用し,粘性度の点でも,液体,石油のような移動性のある物体や鉱物性タールなど粘性体から,アスファルト,黒色固体の炭化水素焦性瀝青(pyrobitumen)やアンスラクソライト(anthraxolite)などの固体にも使用する[Woodward : 1729, Tomkeieff : 1954].ラテン語pixはピッチ,tumeoは増大する,膨張する,pixtumensはピッチが増大するの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀝青の関連キーワード石油ピッチタールピッチピッチャー蒸留器パルピット香雪酒蒸留酢普通揮発油ネット・アマウントビールピッチャー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀝青の関連情報