コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原料炭 げんりょうたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原料炭
げんりょうたん

練炭用,コークス用など工業加工原料用の石炭。一般的には,主としてコークス原料としての石炭のこと。粘結性の強い強粘結炭で,製鉄用や鋳物用に使われる。製鉄用の原料炭は灰分や硫黄分,リン分の少いものでなければならない。日本では良質のものが少いので,需要 (6538万t) の大部分を輸入 (6456万t) している (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

原料炭【げんりょうたん】

粘結性(粘結炭),発熱量の高い石炭で,加熱炉などの燃焼用に使用される石炭とは区別される。粘結度に従って強粘結炭,弱粘結炭の別がある。銑鉄製造の高炉用コークスの原料に使用するものと,ガス発生炉用(都市ガス)とがあるが,一般に前者では高粘結度が要求され,日本ではほとんどが輸入に頼っている。
→関連項目石炭産業

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんりょうたん【原料炭 coal for carbonization】

原料用炭ともいう。製鉄用のコークス,都市ガスや化学原料用のガスなどを製造する目的で使用される石炭を指し,ボイラー,加熱炉などに燃焼を目的として使用される石炭と区別して用いられる名称である。コークス,ガスのいずれを主目的とするかで原料炭に要求される性状は異なるが,製鉄用の強度の大きいコークスを製造するためには強粘結炭が適しており,純炭発熱量8400kcal/kg以上,燃料比(固定炭素と揮発分との比)1.8以上の石炭がこれに相当する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんりょうたん【原料炭】

製鉄用コークス・都市ガスなど他の物質を製造する原料となる石炭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の原料炭の言及

【石炭】より


[用途による分類]
 石炭の用途のなかで最も大きい部分を占めるのは,燃料用とコークス製造用である。これによって,〈一般炭〉と〈原料炭〉という二大別が普通に用いられている。コークス製造原料としては粘結性を必要とするから,一般炭,原料炭の分類は,〈非粘結炭〉と〈粘結炭〉の分類にほぼ一致する。…

※「原料炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原料炭の関連キーワードショワンヤーシャン(双鴨山)特別市ニューサウスウェールズ炭田シュレージエン炭田一次産品価格の高騰トランスバール炭田融資買鉱と融資買油プリンスルーパートペンシルバニア炭田マグニトゴルスク北海道歌志内市本渓湖煤鉄公司アルバータ炭田ボーウェン炭田南ヤクート炭田シロンスク炭田アパラチア炭田福岡県みやま市シドニー炭田ペチョラ炭田伊王島〈町〉

原料炭の関連情報