トリゲモ(読み)とりげも

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリゲモ
とりげも / 鳥毛藻
[学]Najas minor All.

イバラモ科の沈水性の一年草。草長20~30センチメートル。枝は二又状に分枝し、外側に反転する。茎葉は糸状、縁(へり)に微鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。7~9月、葉腋(ようえき)に単性花を単生する。雌花は裸生。果実は長楕円(ちょうだえん)形、長さ約3ミリメートルの種子が1個ある。池沼や水田の浅水中に生え、日本全土および温帯に広く分布する。[大滝末男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトリゲモの言及

【イバラモ】より

…日本では淡水にのみ生え,海水中に生えることはない。トリゲモN.minor All.は茎も葉も細く,葉の幅約0.5mmで,雌雄同株である。葯は1室。…

※「トリゲモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android