トリビューン(英語表記)tribune

翻訳|tribune

世界大百科事典 第2版の解説

トリビューン【tribune】

キリスト教聖堂の側廊やナルテックスの上に設ける,身廊に面して開放された2階部分。階上廊,ギャラリーともいう。トランセプトや内陣にも設けることがある。東方正教では5~6世紀から信徒席としてこれを造った。西欧では11~12世紀に側廊上に設けたが,使途は明らかでない。13世紀以降は主として聖堂正面入口の上にこれを設け,パイプ・オルガンや信徒聖歌隊席などに利用した。【飯田 喜四郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トリビューン

〘名〙 (tribune)
① 古代ローマの官職護民官のこと。〔外来語辞典(1914)〕
② 教会堂側廊の上部に作られる連続した回廊の部分。側廊の二階にあたる。ゴシック様式の初期によくみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のトリビューンの言及

【教会堂建築】より

…太陽をキリストの象徴としたところから,5世紀以降の教会堂はアプス(後陣)を身廊の東端に配置し,教会堂の方位を統一した。また施物や祭具を収納し,聖餐を準備する室をアプスに近い位置に造り,トリビューン(階上廊)やトランセプト(交差廊)を設けたが,これらの改良は主としてビザンティン帝国で行われた。
[集中式プランの教会堂]
 集中式プランは古来,とくに墓廟に用いられたが,キリスト教会もこれを踏襲して墓廟,記念堂を造り,洗礼堂にもさかんに利用し,少数だが集中式の教会堂も造った。…

※「トリビューン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリビューンの関連情報