コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンキロ ton kilometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンキロ
ton kilometer

貨物の輸送量を表わす単位。記号はt・km。輸送した貨物トン数に,その輸送距離を乗じたものを各貨物ごとに計算し,その合計を示す。たとえば 10tの貨物を 50km輸送すれば合計 500t・kmである。 (→人キロ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トン‐キロ

《〈和〉ton+kilo〈フランス〉》貨物の輸送量を表す単位。貨物の重量トン数に、それを輸送した距離のキロ数を乗じたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トンキロ

貨物輸送総量(輸送した貨物の重量に輸送距離をかけて合計して表示)の単位。記号t・km。1tの貨物を1km輸送したときが1トンキロ。→人キロ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

トンキロ

貨物の輸送量を表す語。輸送重量(トン)に、それを輸送した距離(キロ)を掛けたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンキロ
とんきろ

貨物の輸送量を表す単位。貨物の重量(トン)と、それが輸送された距離(キロメートル)との積である。貨物の輸送量の単位としては、ほかにも輸送トン数、通過トン数が用いられることがあるが、輸送距離を考慮に入れたい場合にはトンキロが用いられる。また、運輸機関の輸送量を概観するために、旅客の輸送量(人キロ)と貨物の輸送量(トンキロ)を加えた数字を人トンキロと称して用いることがある。[土田 廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトンキロの言及

【運輸統計】より

…輸送統計は,輸送機関別に鉄道統計,自動車統計,海運統計,航空統計などに分類されるが,広義には,倉庫,通運,港湾等に関する統計を包含する。輸送統計に用いられる単位としては,輸送量として〈輸送人員〉〈輸送トン数〉のほか,〈輸送人キロ〉〈輸送トンキロ〉がある。〈輸送人員〉は輸送機関を利用した〈延旅客人員〉であり,〈輸送人キロ〉は,旅客1人を1km輸送したとき,これを1人キロと定義した単位である。…

【人キロ】より

…たとえば,あるバスが旅客3人を2km,10人を7km運んだ場合,このバスの輸送人キロは3×2+10×7=76人キロとなる(これに対して輸送人員は13人である)。輸送人員には含まれない輸送距離の要因を補うための指標であり,同様の指標にトンキロ(貨物の輸送トン数×輸送距離),車キロあるいは車両キロ(車両走行台数×走行距離),列車キロ(列車数×走行距離),座席キロ(提供座席数×飛行距離)等がある。座席キロに占める人キロの比率は座席利用率,定員キロに占める人キロの比率は乗車効率と呼ばれる。…

※「トンキロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トンキロの関連キーワードフードマイレージ有償トンキロ有効トンキロ東名高速道路日本国有鉄道駅(鉄道)自動車交通運輸統計トラック鉄道貨物車両工業土田私鉄