コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンド tondo

翻訳|tondo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンド
tondo

イタリア語の「丸い」の意味。円形画または円形の浮彫。古代のメダルから発展したと考えられ,特に 15~16世紀のフィレンツェを中心にルネサンス時代のイタリアで行われた。主題的には聖母子を扱ったものが多く,ミケランジェロラファエロなど有名な例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トンド【tondo】

円形の絵画,浮彫,装飾用陶製皿などのこと。元来は〈円形の〉を意味するイタリア語。古くは,古代のメダイヨンの例がある。ルネサンス期イタリアで愛好され,15世紀フィレンツェで,ボッティチェリらが円形絵画を,L.dellaロッビア一族が円形の彩釉浮彫陶板を制作した。しかし,トンド形式の美術が最高度の完成を見たのは盛期ルネサンスで,ミケランジェロは初期に2点の大理石円形浮彫と,〈トンド・ドーニTondo Doni〉と呼ばれる《聖家族》(1504‐06ころ)を制作し,またラファエロは《小椅子の聖母》(1514)を残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

トンドの関連キーワードボニファシオ(Andres Bonifacio)バード(William Byrd)くろがね製 95式軍用四輪起動車アマド・V. エルナンデスヴィタントニオ リウッツィ聖家族と幼児洗礼者ヨハネ鳥居 清忠(5代目)ジョセフ エストラダキョンギ(京畿)道マニフィカトの聖母モルゲンシュテルンコスタズメラルダアインシュタインラジャ・ソリマントド(海馬∥魹)酒津のトンドウカティプーナンエレンブルグフリードリヒパノフスキー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android