コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンバク トンバクtonbak

3件 の用語解説(トンバクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンバク
トンバク
tonbak

膜鳴楽器の一種。イランで使われる大きい盃形の一面鼓。アラブトルコダラブッカに似ているが,それより大型で,胴は木をくりぬいてつくられる。ドンバク,ディンビク (クルド語) ,トゥンブークなどいろいろな呼び名があるが,今日音楽家の間ではザルブ zarb (リズム) と呼ばれることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トンバク【tonbak】

西アジア(イランおよびその周辺)の酒杯形の一面太鼓。ドンバクdonbakともいう。ペルシア語にはかつてトンブークという名も存在したが,トルコ語ではデュンベレクないしドゥンバラク(17世紀中葉エウリヤ・チェレビーによる記録)と発音される。トルコのダルブッカに似るが,イランのトンバクはより大型で全長約46~50cmの一木(クルミ材)をくりぬいて胴とし,杯の開口部(直径30~32cm)にヤギまたは牝羊の革を張って作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone