コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンバク tonbak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンバク
tonbak

膜鳴楽器の一種。イランで使われる大きい盃形の一面鼓。アラブやトルコダラブッカに似ているが,それより大型で,胴は木をくりぬいてつくられる。ドンバク,ディンビク (クルド語) ,トゥンブークなどいろいろな呼び名があるが,今日音楽家の間ではザルブ zarb (リズム) と呼ばれることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トンバク(〈ペルシア〉tonbak)

イランの酒杯形の片面太鼓。形状、奏法ともダラブッカに似るが、より大型で、胴は木製。ザルブ(zarb)。→ダラブッカ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トンバク【tonbak】

西アジア(イランおよびその周辺)の酒杯形の一面太鼓。ドンバクdonbakともいう。ペルシア語にはかつてトンブークという名も存在したが,トルコ語ではデュンベレクないしドゥンバラク(17世紀中葉エウリヤ・チェレビーによる記録)と発音される。トルコのダルブッカに似るが,イランのトンバクはより大型で全長約46~50cmの一木(クルミ材)をくりぬいて胴とし,杯の開口部(直径30~32cm)にヤギまたは牝羊の革を張って作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トンバクの関連キーワードイラン音楽

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トンバクの関連情報