トーンカーブ(読み)とおんかあぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典「トーンカーブ」の解説

トーンカーブ

画像内の入力に対する出力濃度変化を表わしたカーブ。トーンカーブが45°の場合直線で表わされ、画像の濃度は変わらない。写真などの自然画像の明るさやコントラストを調節するときは、トーンカーブによる補正のほうが、レベル補正よりもきめこまかい調整がしやすい。Adobe Photoshopなどの画像処理ソフトでサポートしている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「トーンカーブ」の解説

トーン‐カーブ(tone curve)

フォトレタッチソフトによる画像処理で、明るさ・色調・コントラストなどを直感的に補正するためのグラフ。補正前の元画像のさまざまな階調を曲線グラフで表し、これを上下に動かしたり、カーブを変化させたりすることで、元画像と比較しながら補正する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android