コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥジンカ Dudinka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥジンカ
Dudinka

ロシア中東部,東シベリア北部,クラスノヤルスク地方の都市。旧タイムイル自治管区の行政中心地であった。1667年に建設され,1951年市となった。エニセイ川最下流に臨む港湾都市で,カラ海から遡航する外洋船が接岸できる。東の鉱産地ノリリスクと鉄道で結ばれ,ニッケル鉱石を積み出す。水産加工工場,郷土博物館がある。人口 2万4988 (2006推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥジンカ
どぅじんか
Дудинка Dudinka

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方に属するタイミル自治管区の行政中心都市。エニセイ川下流右岸にあり、航洋船の着く港がある。人口2万4500(2003推計)。港からノリリスクの採鉱精錬コンビナートなどへ送る貨物を揚陸し、非鉄金属(ニッケル、銅)、鉱石などを積み出す。[三上正利・上野俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android