コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥラーニー朝 ドゥラーニーちょうDurrānids; Durrāni(Abdālī)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥラーニー朝
ドゥラーニーちょう
Durrānids; Durrāni(Abdālī)

アフガニスタンの王朝 (1747~1818) 。 1747年,アフシャール朝ナーディル・シャーの死後,同朝が崩壊するとアブダリー族のアフマッド・ハーン (→アフマッド・シャー・ドゥラーニー ) がアフガニスタンの支配者となった。同時にアブダリーという族名はドゥラーニーと改められたので,ドゥラーニーという王朝名が生れた。首都は 73年までカンダハールであったが,その後カブールに移された。この王朝は北西インドまで版図を広げたが,シク族の勢力の増大とともにインドにおける支配力は次第に弱まった。一方ドゥラーニー朝の宰相を出していたバーラクザーイー族との争いがあり,1818年にこの王朝は分裂し,バーラクザーイー朝が出現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドゥラーニー朝の関連キーワードドースト・ムハンマドアフガン戦争アフガン人ペシャワル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android