ドゥラーニー朝(読み)ドゥラーニーちょう(英語表記)Durrānids; Durrāni(Abdālī)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥラーニー朝
ドゥラーニーちょう
Durrānids; Durrāni(Abdālī)

アフガニスタンの王朝 (1747~1818) 。 1747年,アフシャール朝ナーディル・シャーの死後,同朝が崩壊するとアブダリー族のアフマッド・ハーン (→アフマッド・シャー・ドゥラーニー ) がアフガニスタンの支配者となった。同時にアブダリーという族名はドゥラーニーと改められたので,ドゥラーニーという王朝名が生れた。首都は 73年までカンダハールであったが,その後カブールに移された。この王朝は北西インドまで版図を広げたが,シク族の勢力の増大とともにインドにおける支配力は次第に弱まった。一方ドゥラーニー朝の宰相を出していたバーラクザーイー族との争いがあり,1818年にこの王朝は分裂し,バーラクザーイー朝が出現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android