コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥームズデイ・ブック Domesday Book

翻訳|Domesday Book

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥームズデイ・ブック
Domesday Book

1086年イングランド王ウィリアム1世が作成させた全国的調査の記録簿。数組の調査団により,各州ごとに王領地,都市,荘園につき,それらの保有者,そのハイド数,領主直営地の資産,自由民以下農奴,小屋住み農 (コターズ ) ,奴隷に及ぶ農民数とその資産,森林,牧地,草地の量などが調査報告され,ラテン語,羊皮紙で2巻にまとめられている。イングランド最北部辺境の4州およびロンドンウィンチェスター2市を除き,第1巻には大多数の州,第2巻にはノーフォークサフォークエセックス3州が収められている。デーンゲルド徴収が作成の直接目的とされているが,根本的にはウィリアムが征服した国土の詳細な知識を得るためのものと考えられる。このような公的な全国的かつ詳細な調査記録は同時代の他国に例をみず,中世イギリス史研究上最重要の史料である。現在ロンドンの公文書館に所蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ドゥームズデイ・ブック

米国の作家コニー・ウィリスの長編SF(1992)。原題《Doomsday Book》。ネビュラ賞長編部門受賞(1992)。ヒューゴー賞長編部門受賞(1993)。ローカス賞SF長編部門受賞(1993)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ドゥームズデイ・ブックの関連キーワードハンドレッド・ロールズウェークフィールドチェルムスフォードコニー ウィリスシュルーズベリーノーフォーク県ウィルトシャーハリファックスメードストーンドーチェスターアシュフォードウォリックソークマンプリマスレスターラグビー

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android