コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドタール dotār/dutār

世界大百科事典 第2版の解説

ドタール【dotār[ペルシア]】

西アジアと中央アジアで広く用いられている弦楽器の一種で,長い棹をもち細長い共鳴胴をもつリュート。ドタールとはペルシア語で〈2弦〉を意味し,元来2本の絹弦が張られていた(トルクメニスタンやウズベキスタンのドタールなど)が,今日ではアフガニスタンの一部を除いて金属弦に取り替えられている。共鳴胴は洋梨を半分に割った形の木製(一木をくりぬいたものや寄木作りのもの)で,腹面には薄い板が張られている。細長い棒状の棹には羊腸弦を巻きつけた可動フレットがあり,旋法によってこれを上下に動かして微妙な音律を整える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドタールの関連キーワード中央アジア音楽ペルシア音楽イラン音楽タンブールセタール

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android