コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミニカ革命党 ドミニカかくめいとうPartido Revolucionario Dominicano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミニカ革命党
ドミニカかくめいとう
Partido Revolucionario Dominicano

略称 PRD。ドミニカ共和国の政党。 1939年 J.ボッシュの主導で民主左派政党として設立。反共を基本路線に掲げるがアメリカの「新植民地主義」にも反発する姿勢をとる。 R.L.トルヒーヨ・モリナ暗殺後の 62年 12月に行われた大統領選挙で,亡命先から帰国したボッシュが当選するが,翌 63年9月軍部のクーデターで追放された。 70年,74年選挙はボイコットしたが,78年大統領選挙には保守系の A.グスマンが当選,国会選挙でも過半数を制してグスマン政権を発足させた。続く 82年大統領選挙でも左派の J.ブランコが勝利し大統領に就任した。だが 86年大統領選挙の候補選定をめぐり党内は分裂,M.アサール率いる右派は離党して新党を結成した。その結果,PRDはキリスト教社会改革党の J.バラゲルを支持することになり,86年,90年,94年と,連続してバラゲルを支えることになった。その間,94年5月に実施された上下院選挙では第1党の座を確保した。 96年6月に行われた繰上げ大統領選挙には PRDの独自候補 J.F.ペーニャ・ゴメスが立候補したが,決選投票でドミニカ解放党の L.フェルナンデスに敗北。 98年5月の総選挙では上下院で圧勝し第1党に躍進した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドミニカ革命党の関連キーワードラファエル・イポリト メヒアS.J. ブランコ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android