コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラケンスバーグ山脈 ドラケンスバーグサンミャク

デジタル大辞泉の解説

ドラケンスバーグ‐さんみゃく【ドラケンスバーグ山脈】

Drakensberg Mountains》南アフリカ共和国南東部、インド洋岸に平行して北東・南西方向に約100キロメートルにわたって連なる山脈。レソト領内ではマルチ山脈とよばれ、最高峰のタバナヌトレニャナ山がある。また、アフリカーンス語で「ドラケンスベルヘ」(竜の山々)、ズールー語では「ウクハランバ」(槍の壁)とよばれる。いくつもの自然保護区や国有林が存在し、ラムサール条約登録湿地やサン族の岩絵などもあり、2000年に「ドラケンスバーグ/ウクハランバ公園」の名称で世界遺産(複合遺産)に登録された。ドラケンスベルク山脈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ドラケンスバーグ山脈の関連キーワードゴールデンゲートハイランド国立公園マロティ‐ドラケンスバーグ公園クワズール・ナタール[州]ピーターマリッツバーグツェハランヤネ国立公園ザバナ・ヌトレニャナ山セサバテーベ国立公園レディースミスオレンジ[川]ティフィンデルトランスバールソト(民族)アフリスキーオレンジ川ベスレヘムバスト王国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android