コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルショック ドルショック

大辞林 第三版の解説

ドルショック

dollar+shock〕
1971年(昭和46)8月アメリカ大統領ニクソンによって発表された金・ドル交換停止などを内容とする新経済政策により世界経済が深刻な衝撃を受けた事件。ニクソン-ショック。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルショック

アメリカによるドル防衛政策が与えたインパクト。 1971年8月,ニクソン米大統領は一律 10%の輸入課徴金設定とドルの金交換停止を柱とする緊急経済政策を発表した。必死のドル防衛策であり,各国に対ドルレートの切上げを迫るものであった。ドルへの圧倒的依存と4半世紀も1ドル=360円レートに慣れた経済体質の日本が受けたショックは大きかった。株式相場は暴落し,ドルの買支えは約 40億ドルに達し,結局同月末,円は変動相場制度に移行した。このドルショックは,1ヵ月前のニクソン訪中計画発表と並んでアメリカの政経両面の世界政策の重大な転換として対米依存の日本に衝撃を与え,ニクソン・ショックと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドルショックの関連キーワードニクソンショックチャイナショックシュバイツァー鳩山 威一郎管理通貨制度佐藤栄作内閣国際金融市場目標相場圏新経済政策新自由主義景気循環経済成長電子工業世界経済機械工業円切上げ皮革工業

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドルショックの関連情報