コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクソンショック Nixon shock

デジタル大辞泉の解説

ニクソン‐ショック(Nixon shock)

1971年8月に米国のニクソン大統領がドルの金兌換(だかん)の停止を宣言したこと。ベトナム戦争による財政悪化の解決策として、大統領が議会にもはからずに発表したもので、輸入課徴金の実施などを内容とするドル防衛のための新経済政策によって、世界経済が衝撃的な影響を受けた。その後の為替相場変動相場制になり、円高・ドル安で日本経済は打撃を受けた。ドルショック。→ブレトンウッズ協定ドル基軸通貨体制
長期化、泥沼化したベトナム戦争の解決のためには中国との和解が必要と考えたニクソン大統領が、極秘に中国と交渉した一連の出来事。1971年に対中関係改善をめざす声明を発表、1972年2月米大統領として初めて中国を訪問し、米中関係の改善が実現した。この頭越しの秘密交渉で日本の外交は衝撃を受けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ニクソンショックの関連キーワードニクソン(Richard Milhous Nixon)dollar shockケント・E. カルダーリーズ・アンド・ラグズブレトン・ウッズ体制ヨーロッパ通貨制度ニクソン・ショック標準バスケット方式ヨーロッパ計算単位ブレトンウッズ体制外国為替相場制度チャイナショックスミソニアン協定スミソニアン合意スミソニアン体制キングストン会議ポール ボルカー主要国首脳会議ホット・マネー固定為替相場制

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニクソンショックの関連情報