コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルトレヒト

世界大百科事典 第2版の解説

ドルトレヒト【Dordrecht】

オランダ南西部,南ホラント州の都市。人口10万8000(1981)。正しくはドルドレヒトと読む。ワールWaal川(ライン川下流)の支流メルウェーデMerwede川とその分流ノールトNoord川の分岐点に臨み,オランダの心臓部を形成する環状都市群の南端に位置する。後期ゴシック様式の聖母教会のほか,破風屋根を持つ多くの建物が並び,古い面影を残す。金属,機械,化学,造船,食品,縫製などの工業が発達し,フィリップス(エレクトロニクス),リプス(金庫,鍵)の工場もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ドルトレヒトの関連キーワードロバート ファーベークアルミニウス派教会ドルトレヒト会議ドルト教会会議ステープル制度ハン ベルガーアルミニウススペックスドルト信条トリップ家ベークマンウォシウスウィットヘイルヘールカイプウィト

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドルトレヒトの関連情報