コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルトレヒト

百科事典マイペディアの解説

ドルトレヒト

オランダ南西部の都市。ロッテルダム南東20km,マース川の河港市で鉄道の中心地造船製粉製糖などの工業が行われる。1008年に創建され,16世紀にはオランダにおける宗教改革発端の地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドルトレヒト【Dordrecht】

オランダ南西部,南ホラント州の都市。人口10万8000(1981)。正しくはドルドレヒトと読む。ワールWaal川(ライン川下流)の支流メルウェーデMerwede川とその分流ノールトNoord川の分岐点に臨み,オランダの心臓部を形成する環状都市群の南端に位置する。後期ゴシック様式の聖母教会のほか,破風屋根を持つ多くの建物が並び,古い面影を残す。金属,機械,化学,造船,食品,縫製などの工業が発達し,フィリップス(エレクトロニクス),リプス(金庫,鍵)の工場もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドルトレヒトの関連キーワードロバート ファーベークアルミニウス派教会ドルトレヒト会議ハン ベルガーステープル制度ドルト教会会議アルミニウスドルト信条ウォシウスベークマンスペックストリップ家ウィットカイプヘイルウィトヘール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドルトレヒトの関連情報