コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレウス ドレウスDrews, Arthur

2件 の用語解説(ドレウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドレウス
ドレウス
Drews, Arthur

[生]1865.11.1. ユーダーゼン
[没]1935.7.19. アヘルン
ドイツの形而上学者,宗教哲学者。 E.v.ハルトマン無意識の哲学の影響を受け,意識は2次的現象であり,無意識的意志こそが第1次的であると唱えた。この考えに基づき,無意識的意志の展開が世界であり,また内在神であるとする汎神論的世界観を主張し,それを「具体的一元論」と名づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ドレウス
ドレウス
Drews, Paul Gottfried

[生]1858.5.8. アイベンストック
[没]1912.8.1. ハレ
ドイツのプロテスタント神学者。 A.リッチュル門下。宗教改革史,典礼問題キリスト教社会主義などの実践神学上の業績がある。主著『1535~45年におけるマルチン・ルター博士の論争』 Disputation Dr. M. Luthers in den Jahren1535~45 (1895~96) ,『礼拝史研究』 Studium zur Geschichte des Gottesdienstes (5巻,1902~10) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドレウスの関連キーワード伊藤惣兵衛ウィンチェスター海津幸一加藤徳成スターリング武市瑞山建部武彦月形洗蔵中川宇右衛門ブルック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドレウスの関連情報