コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラッドストン Gladstone, William Ewart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラッドストン
Gladstone, William Ewart

[生]1809.12.29. リバプール
[没]1898.5.19. ウェールズ,ハーデン
イギリスの政治家。4度にわたって首相をつとめた。オックスフォード大学に学び,1832年下院議員となる。最初はトーリー党に所属したが,のちピール派としてトーリー党を離脱。 52~55年アバディーン連立内閣の蔵相,59~65年第2次パーマストン内閣の蔵相,65~66年ラッセル内閣の蔵相などをつとめ,自由党 (ホイッグ党) 下院指導者となった。 67年末ラッセルの引退後,党の最高指導者となり,以後保守党ディズレーリソールズベリー (侯) と交互に政権を担当する典型的な二大政党政治を展開した。 68~74年の第1次グラッドストン内閣は,69年アイルランド国教会制廃止法,70年第1次アイルランド土地法フォースター教育法,71年労働組合法,72年無記名投票法などの改革立法を成立させた。総選挙に敗れいったん引退したのち,ミッドロージアンの選挙区でディズレーリの帝国主義政策を非難する有名なキャンペーンを行い,80年総選挙で勝利。 85年までの第2次内閣では,1881年第2次アイルランド土地法,84年「第3次選挙法改正法案」を成立させた。 86年の第3次内閣はアイルランド自治法案を提出して敗れ,短命に終った。 92~94年の第4次内閣において再度提出された同法案も上院で否決され,60年以上にわたる政治生活から引退した。

グラッドストン
Gladstone

オーストラリア,クイーンズランド州中部東岸,ロックハンプトンの南東 131kmにある港町。名称はイギリスの政治家 W. E.グラッドストンに由来。石炭の主要積出港の一つで,おもに日本へ輸出される。大規模な火力発電所がある。ウェイパからのボーキサイトによるアルミナ精錬所があり,タスマニア州のベルベイおよび海外へ輸出される。港の出入貨物量は同州最大。人口2万 4205 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グラッドストン(Gladstone)

内部が二つに分かれた長方形の小さな旅行かばん。英国の政治家グラッドストンが愛用したところから。

グラッドストン(William Ewart Gladstone)

[1809~1898]英国の政治家。自由党の党首として四度内閣を組織し、保守党ディズレーリとともに二大政党による議会政治を推進。選挙法改正やアイルランド問題の解決など自由主義的改革を実現。

グラッドストン(Gladstone)

オーストラリア、クイーンズランド州東部の港湾都市。ブリスベーンの北西約530キロメートルに位置する。石炭、アルミなどの鉱産物や農産物の積出港として発展。グレートバリアリーフの観光起点の一つであり、ヘロン島とフェリーで結ばれる。グラッドストーン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

グラッドストン

ディズレーリとともに英国議会政治の黄金時代を代表する政治家。初め保守党に属し,1833年下院議員となり,1843年以後商務総裁,植民相を歴任。穀物法廃止に際して首相ピールを支持し,自由党に接近。
→関連項目自由党(英国)ビクトリア[女王]ラッセル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラッドストン【Gladstone】

オーストラリア,クイーンズランド州中部の工業・港湾都市。人口2万3000(1991)。ブリズベーンの北西530km(道路距離)にあり,1960年代以来の鉱業開発に伴い急成長した。モウラブラックウォーターなどの炭田を後背地に持ち,石炭輸出港および火力発電所がある。またアルミナ精錬所があり,同州北部のウェーパ産のボーキサイトを精錬する。港湾取扱量は同州最大である。1854年開基。【谷内 達】

グラッドストン【William Ewart Gladstone】

1809‐98
19世紀のイギリス自由主義を代表する最大の政治家。西インドに奴隷制農場を営むリバプールの大貿易商の子に生まれ,イートン校を経て1832年にオックスフォード大学を卒業。同年,第1次選挙法改正後最初の選挙に保守党から当選,以後95年にいたるまで下院議員をつとめた。敬虔なキリスト教徒で,政治家としても生涯キリスト者の信念にもとづいて行動したが,とくに青年時代は,熱烈なトーリー国教主義者で,38年に《国家と教会との関係》を著し,国家と英国国教会の不可分性を力説した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グラッドストン【William Ewart Gladstone】

1809~1898) イギリスの政治家。自由党党首として、保守党のディズレーリとともに二大政党による議会政治を指導。四度首相を務め、選挙法改正やアイルランド問題の解決などに尽力。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のグラッドストンの言及

【自由党】より

…50,60年代の自由党は,自由貿易主義の旗の下に,今や完全に保守党を圧倒したが,党の最高指導者は,なおホイッグ貴族のJ.ラッセルとパーマストンであった。だが,65年にパーマストンが死に,67年にW.E.グラッドストンが党首に就任するに及んで党の性格は一新され,党勢の伸張もその極点に達した。68年から74年にかけての第1次グラッドストン内閣の時代は,古典的自由主義体制の黄金時代で,自由貿易は完成の域に達し,自由と節約は国民全体の信条となった。…

※「グラッドストン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラッドストンの関連キーワードヘンリー キャンベル・バナマンジョセフ チェンバレンキャンベル=バナマンキャンベル・バナマンハーティントン(侯)ストークオントレントキャンベル・バナマンランズダウン(侯)アイルランド国民党ローズベリー(伯)キャベンディッシュ選挙法改正(英国)オーストラリア小イギリス主義キルメナム協定オレンジ結社フォーセットクラレンドンクルー(侯)自由帝国主義

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラッドストンの関連情報