ドレッシング・テーブル(英語表記)dressing table

翻訳|dressing table

世界大百科事典 第2版の解説

化粧用のと引出しを備えたテーブル。ヨーロッパでは17世紀後期に現れ,引出しを備えたテーブルの甲板に回転式鏡を取り付けた形式がまず流行した。18世紀になると,化粧テーブルの構造と形態は複雑かつ精巧になった。甲板の上に取り付けられた鏡はテーブル中央の引出しのなかに組み込まれ,その左右に仕切壁付き引出しを備えた両袖式化粧テーブルが流行した。サロン文化が隆盛を極めた18世紀後期フランスでは,プードルーズpoudreuseとよぶ小型の化粧テーブルが貴婦人用に設計された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android