コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンデン山 ドンデンやま

3件 の用語解説(ドンデン山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンデン山
ドンデンやま

新潟県西部佐渡島佐渡市両津地区と相川地区との境,大佐渡山地中央部の山。タダラ峰とも呼ばれる。標高 934m。山頂付近はなだらかで展望がよく,シャクナゲツツジの群落や天然芝に覆われ,夏にはウシの放牧地となる。ドンデン池があり,キャンプ村が開かれ,国民宿舎大佐渡ロッジがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どんでん‐やま【ドンデン山】

新潟県佐渡島の大佐渡山地南麓にある山。高原状で標高は934メートル。西側のドンデン高原は佐渡牛の放牧地。山頂からの展望がよく、佐渡が一望できる。タダラ峰。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンデン山
どんでんやま

新潟県佐渡島(さどがしま)の大佐渡山地南麓(なんろく)の両津(りょうつ)湾岸にある高原。金北(きんぽく)山の北東部に位置し、タダラ峰ともよばれ、標高934メートルの高原状をなしている。山頂は島の展望台で両津港、加茂(かも)湖、両津湾のイカ釣り船夜景の眺めが絶景で、雄大なシャクナゲ群落の中央には国民宿舎佐渡ロッジもある。西側の盆地状のドンデン池高原は佐渡牛の放牧場で、外海府(そとかいふ)海岸の石花(いしげ)に通ずる自然遊歩道ができている。夏場は両津港からバスの便もある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドンデン山の関連情報