コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両津湾 りょうつわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両津湾
りょうつわん

新潟県佐渡島東岸,北の和木崎と南の姫崎に囲まれた湾。平均水深約 200m。湾の北部は断層海岸をなし,内海府海岸と呼ばれ,景勝の地。南西岸には砂州が発達し,湾岸に佐渡市両津地区があり,加茂湖をいだく。定置網によるブリ,サバ,アジ,マグロ漁のほかイカ漁や,刺網によるスケトウダラなどの漁が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうつわん【両津湾】

新潟県佐渡島東部,国中(くになか)平野北東に開いた湾。国中地溝帯の延長にあたる陥没部で,大佐渡山地小佐渡丘陵にいだかれる。北には内海府海岸が続き,西には小佐渡丘陵北東端の姫崎があり,南西の湾奥には砂州が発達して潟湖の加茂湖を分ける。北岸は断層海岸で,南岸には標高40~60mの海岸段丘が発達する。水深は200m内外で,海底は細砂からなり岩礁も少なく,大佐渡山地が冬季の北西季節風をさまたげるため,湾奥の両津港は風待港として古くから利用されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕両津湾(りょうつわん)


新潟県の佐渡(さどが)島東岸にある湾。小佐渡(こさど)北端の姫(ひめ)崎と内海府(うちかいふ)海岸中部の和木(わき)崎を結ぶ線を湾口とする。湾奥の両津港は佐渡島の玄関口で、日本海沿岸屈指の漁港。湾内ではワカメの養殖や定置網漁業が盛ん。砂州によって隔てられた加茂(かも)湖は佐渡弥彦米山(さどやひこよねやま)国定公園の景勝地で、カキの養殖で知られる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両津湾
りょうつわん

新潟県佐渡島(さどがしま)北東部にある湾。大佐渡山地と小佐渡丘陵に挟まれた国仲(くになか)地溝帯の陥没部にあたり、反対側の南西部の湾は真野(まの)湾とよぶ。湾内は平均水深200メートルの内海で、金北(きんぽく)山(1172メートル)によって冬季の北西風が遮断され、新潟港の避難港に利用されてきた。湾頭は梅津(うめづ)川扇状地の流砂で砂嘴(さし)をつくり、海跡(かいせき)湖加茂湖を抱いて、島の玄関口両津港がある。湾内はブリ、スルメイカなどの水揚げ港、カキ、ワカメ、ノリ、アワビなどの養殖地となっている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

両津湾の関連キーワードワンダーバレーさどスキー場両津郷土博物館新潟県佐渡市両津[市]ドンデン山定置網漁業佐渡寒ブリ国中平野玄関口湾口水津

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両津湾の関連情報