佐渡市(読み)さど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐渡〔市〕
さど

新潟県西部,日本海に浮かぶ佐渡島を占める市。2004年3月両津市,相川町,赤泊村,小木町,金井町,佐和田町,新穂村,畑野町,羽茂町,真野町の 1市 7町 2村が合体して発足。『日本書紀』にも記述がみられるなど古くから開発された。中世には遠流の地とされ順徳天皇日蓮世阿弥らが流された。近世初期には相川地区に佐渡鉱山が開発され,江戸幕府の直轄領となり発展した。大佐渡山地小佐渡丘陵に挟まれた国中平野は米作の中心地。その他野菜,果樹の栽培が行なわれる。海岸部では定置網・刺網漁業などの沿岸漁業,加茂湖ではカキの養殖が行なわれる。観光業も盛んで相川地区,両津地区は観光拠点。佐渡弥彦米山国定公園小佐渡県立自然公園に属する。国道350号線が通る。面積 855.61km2。人口 5万7255(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐渡市の関連情報