コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンブロフスキー Yurii Osipovich Dombrovskii

2件 の用語解説(ドンブロフスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドンブロフスキー【Yurii Osipovich Dombrovskii】

1909‐78
ソ連邦の作家。モスクワ弁護士の家の生れ。9歳のとき家族とともにサマラに移ったが,1920年に父が死亡,サマラ大学で生物学を講じていた母に養育された。22年一家とともにモスクワへ戻り,7年制の学校を卒業して,ブリューソフ記念文芸大学へ入学した。32年に政治的理由で逮捕され,アルマ・アタ(現アルマトゥイ)市に追放され,同地で図書館員,教師などを経て,カザフスタン中央博物館の館員になった。39年から執筆活動を始め,59年に《猿が自分の頭蓋骨を取りにくる》を,66年に《古代保存官》を刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンブロフスキー
どんぶろふすきー
Юрий Осипович Домбровский Yuriy Osipovich Dombrovskiy
(1909―1978)

ソ連の小説家。ブリューソフ文学大学卒業。1932年に逮捕され、カザフ共和国(現カザフスタン共和国)のアルマ・アタアルマトイ)市に追放される。『帝国の転覆』(1938)、『デルジャービン』(1939)などの歴史小説で出発、長編『猿は自分の頭蓋骨(ずがいこつ)を取りにくる』(1959)では、ベルリンを舞台にナチス・ドイツの人種政策を糾弾した。スターリン批判後に発表された長編『古代保存官』(1965)は、中央アジアの考古学博物館を舞台に、スターリン粛清下の知識人たちの運命を政治と文化の永遠の相克の視点からきわめてユニークに描き出し、「古代」と対置される現代の状況の無気味さをえぐった。『浅黒いレディ・シェークスピアについての三つのノベラ』(1969)は、パロディー手法を用いて芸術家の内面を描いた佳編。遺作となった長編『無用物学部』(1978)は、『古代保存官』とほぼ同じ舞台を用いて、「スターリン生誕58年、キリスト生誕1937年」のソ連での人間的信頼の崩壊、モラルの混乱を前作よりもさらに鋭く追求した力作。ソ連では刊行を許されず、死後パリで発表された。[江川 卓]
『工藤幸雄訳『古代保存官』(『新しいソビエトの文学3』所収・1968・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドンブロフスキーの関連キーワードソ連モスクワ大学赤の広場ソ連邦雀が丘Подольск亡命者はモスクワをめざすモスクワ5000モスクワの思い出モスクワを占領せよ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone