コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンレミ・ラ・ピュセル Domrémy‐la‐Pucelle

1件 の用語解説(ドンレミ・ラ・ピュセルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドンレミ・ラ・ピュセル【Domrémy‐la‐Pucelle】

フランス東部,ボージュ県の小村。ジャンヌ・ダルクの生まれた村。人口約300。ムーズ(マース)川上流左岸,ナンシーの南西60kmに位置する。ジャンヌの時代はロレーヌ公家系のバール侯領に属し,フランス王家の行政権の及ぶ戸数20数軒の村であった。ジャンヌの生家はよく保存されているが,教会堂は角塔の部分しか残っていない。この教会堂は聖レミギウスに献堂されていて,ドンレミの名はこれに由来する。ラ・ピュセルは〈乙女〉の意。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone