コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マース Maass, Joachim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マース
Maass, Joachim

[生]1901.9.11. ハンブルク
[没]1972.10.15. ニューヨーク
ドイツの小説家。 1933年アメリカに亡命,各地の大学でドイツ文学を講じ,第2次世界大戦後一時帰国したが,再び渡米。初め詩を書いたが,のち社会小説に転じ,小説『ミミのいないボエーム』 Bohème ohne Mimi (1930) ,『敵対者』 Der Widersacher (32) によって文名を確立。代表作は,典型的な悪女小説『グッフェ事件』 Der Fall Gouffé (52) 。

マース
Maes(Maas), Nicolaes(Nicolas)

[生]1634. ドルドレヒト
[没]1693
オランダの画家。 1650年頃アムステルダムのレンブラントのもとで修業。 54年から故郷で活躍。 73年以後アムステルダムで制作。初期には褐色調のレンブラントに近い画風の風俗画が多いが,65~67年のアントウェルペン旅行以後ファン・ダイクの画風に近づき,肖像画を中心に制作。主要作品は『祝福を与えるキリスト』 (1654以前,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) ,『怠惰な召使』 (55,同) ,『窓辺の少女』 (55頃,アムステルダム国立美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マース(Mars)

ローマ神話の軍神マルスの英語名。
火星。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マース【Maas】

フランス北東部のラングル高地に源を発しベルギーを北流、オランダを経て、北海に注ぐ国際河川。長さ950キロメートル。ムーズ。ミューズ。

マース【Mars】

○ マルスの英語名。
[1] 火星。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マース
まーす
Joachim Maass
(1901―1972)

ドイツの作家。ハンブルク生まれ。1924年から創作活動。最初の長編『ミミのいないボエーム』(1930)にはトーマス・マンの初期の短編を思わせるゆううつなイロニーがにじむ。39年アメリカへ亡命。編集者を経てのちにドイツ文学の教授も務める。51年以降ドイツにときおり帰る。精緻(せいち)で透徹した心理描写による歴史・現代小説のなかでは、女性に潜む魔性を扱う『グフェ事件』(1952)が代表作。[高辻知義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マースの関連キーワードNutro NATURAL CHOICEユーカヌバ ベテリナリー ダイエットカルカン極みだしスープ仕立てヘルシー・エイジング・プラスNutro Supremoカルカン海と大地の6品目シーザープレミアムブランカルカン味わいセレクトPERFECT FITカルカンオリジナル缶Iアシスト残渣ケア青い海のシママースSheba DuoMILKY WAY湖畔に消えた婚約者デンタフレッシュクラマースの定理クラマースの原理クラマース二重項パピー・プラス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マースの関連情報