ジャンヌダルク(英語表記)Jeanne d'Arc

翻訳|Jeanne d'Arc

デジタル大辞泉の解説

ジャンヌ‐ダルク(Jeanne d'Arc)

[1412~1431]フランスの愛国者。ドンレミ村の農家の娘。救国の神託を受けたと信じ、シャルル7世に上申していれられ、イギリス軍を破ってオルレアンの包囲を解いた。のち、イギリス軍に捕らえられ、ルーアンで異端として火刑に処せられたが、1920年にローマ教皇庁により聖女に列せられた。オルレアンの乙女。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ジャンヌダルク【Jeanne d'Arc】

1412~1431) フランスの国民的英雄。東部の小村ドムレミーの農民の娘。百年戦争後期、フランスの解放を神に託されたと信じ、シャルル七世から授かった軍隊を率いてオルレアン城の包囲を解くなどフランスの危機を救った。のちイギリス軍の捕虜となり、宗教裁判で異端の宣告を受けてルーアンで火刑となったが、1920年聖女に加えられた。オルレアンの少女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ジャンヌ‐ダルク

(Jeanne d'Arc) フランスの国民的英雄。救国的な少女。ロレーヌ地方ドンレミ村の農家に生まれた。一三歳の頃聞いた「フランスを救え」との神託を信じて出陣し、オルレアンを解放してシャルル七世を戴冠させ、百年戦争を勝利に導いたが、ブルゴーニュ公の軍勢に捕えられてイギリス側に売り渡され、宗教裁判で異端を宣告されて、ルーアンで火刑に処せられた。一九二〇年、カトリック教会の聖女に列せられる。(一四一二頃‐三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャンヌダルクの関連情報