ジャンヌダルク

精選版 日本国語大辞典「ジャンヌダルク」の解説

ジャンヌ‐ダルク

(Jeanne d'Arc) フランスの国民的英雄。救国的な少女。ロレーヌ地方ドンレミ村の農家に生まれた。一三歳の頃聞いた「フランスを救え」との神託を信じて出陣し、オルレアンを解放してシャルル七世を戴冠させ、百年戦争を勝利に導いたが、ブルゴーニュ公の軍勢に捕えられてイギリス側に売り渡され、宗教裁判で異端を宣告されて、ルーアンで火刑に処せられた。一九二〇年、カトリック教会の聖女に列せられる。(一四一二頃‐三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ジャンヌダルク」の解説

ジャンヌ‐ダルク(Jeanne d'Arc)

[1412~1431]フランスの愛国者。ドンレミ村の農家の娘。救国の神託を受けたと信じ、シャルル7世に上申していれられ、イギリス軍を破ってオルレアン包囲を解いた。のち、イギリス軍に捕らえられ、ルーアンで異端として火刑に処せられたが、1920年にローマ教皇庁により聖女に列せられた。オルレアンの乙女。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android