コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ベーア de Beer, Sir Gavin Rylands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・ベーア
de Beer, Sir Gavin Rylands

[生]1899.11.1. ロンドン
[没]1972.6.21.
イギリスの動物学者。実験発生学,解剖学,進化学など広い範囲にわたって研究を行い,多数の著書がある。オックスフォード大学講師 (1926~38) ,ロンドンのユニバーシティ・カレッジ教授 (45~50) ,大英自然史博物館館長 (50~60) を歴任。それぞれの器官は特定の胚葉のみに由来すると説く胚葉説が通説となっていが,ド・ベーアは,胚葉説で中胚葉起源とされていた軟骨組織が外胚葉に由来する場合のあることを指摘し,胚葉説を批判した (26) 。 E.ヘッケルの反復説 (→生物発生原則 ) に対しても彼は批判的検討を加え,『胚と祖先』 Embryos and Ancestors (40) を書いて,成体に達した動物のなかに,系統上の祖先にあたる動物の幼生期の特徴が現れるという考えを述べている。また歴史に対して強い関心をもち,史実解明の手段として生物学を活用する独特の研究を行なった。ハンニバルのアルプス越えのルートを花粉分析によって究明したり,エトルリア人の出身地が小アジアである可能性を血液型調査で突止めるなどの成果をあげている。 1954年にナイトの称号を贈られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ド・ベーアの関連キーワード幼形進化成体進化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android