コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドージャの乱 ドージャのらん

世界大百科事典 第2版の解説

ドージャのらん【ドージャの乱】

1514年にハンガリーで起きた農民戦争。エステルゴム大司教のバコーツBakócz Tomás(1442ころ‐1521)が国内不安とオスマン・トルコによる略奪の危機を共に解決しようとして,対トルコ十字軍編成を宣言したとき,これに応じて農民兵の大軍がペシュトに集まり,市内の職人や村の聖職者,小貴族も合流した。しかし十字軍計画に不信を抱く大貴族は武装農民に恐怖を覚え,大司教に計画の中止を説得し,自領の農民の武装を実力で抑えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドージャの乱の言及

【ティミショアラ】より

…とくにバルカン半島におけるオスマン帝国の脅威が強まるとこの地の軍事的重要性が高まり,オスマン軍との戦いで勇名をはせたトランシルバニア総督フニャディ・ヤーノシュも市の防備を固めた。他方,オスマン帝国との決戦を前にして,1514年ハンガリーに農民戦争が起こり,ドージャの率いる農民軍が市を攻撃したが敗北し,ドージャはここで処刑された(ドージャの乱)。モハーチの戦(1526)の敗北後,1552年抵抗の末オスマン軍によって占領され,以後ティミショアラ・パシャ領としてオスマン帝国に属した。…

【ハンガリー】より

…とくにマーチャーシュ王の時代に農民の成長が著しかった。そのなかで1514年にドージャ・ジェルジュの率いる農民戦争(ドージャの乱)が起こった。この戦争による貴族と農民の対立は国家の統一を崩し,その弱さは26年モハーチの戦でのオスマン帝国軍に対する大敗として現れた。…

※「ドージャの乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドージャの乱の関連キーワードオスマン・トルコモハーチの戦

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android