コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドービニャック ドービニャック Aubignac, François Hédelin, abbé d'

2件 の用語解説(ドービニャックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドービニャック
ドービニャック
Aubignac, François Hédelin, abbé d'

[生]1604.8.4. パリ
[没]1676.7.25. ヌムール
フランス古典主義の理論家,劇作家。法律家の家柄で,母親は 16世紀の有名な外科医 A.パレの娘。ヌムールで弁護士の教育を受けたが聖職に転じ,オービニャック,次いでメナックの修道院長に任じられ,リシュリューの甥の家庭教師もつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドービニャック
どーびにゃっく
abb Franois D'Aubignac
(1604―1676)

フランス古典期の作家、批評家。パリ生まれ。父はヌムールの法官、母は大外科医アンブロアズ・パレの娘。1627年僧侶(そうりょ)となり、宰相リシュリューの寵(ちょう)を得、サロンにも出入りし、詩や劇を書くが凡庸。『演劇の実際』Pratique du thtre(1657)で「真実らしさ」vraisemblance(フランス語)と、時の単一を重視し、少数の人物で長台詞(ながぜりふ)や傍白(ぼうはく)を避ける作法を説き、当時最高の演劇理論とされた。[岩瀬 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドービニャックの関連キーワードエヌ没・歿勃・歿・没三角数ハルパリュケ意地っぱりママはテンパリストDiaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone