コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傍白 ぼうはくaside

翻訳|aside

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傍白
ぼうはく
aside

劇のせりふの一種で,モノローグ (独白) の特殊なもの。舞台上に複数の人数がいるとき,特定の人物が他の人物に知られては困る事実や考えを観客にだけ知らせるせりふで,他の人物には聞えないというたてまえになっている。伝統的なではよく使われたが,近代以後の劇では不自然であるとして退けられることも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐はく〔バウ‐〕【傍白】

演劇で、相手役には聞こえず観客だけに知らせるかたちでしゃべるせりふ。内心のつぶやきなどを表す。わきぜりふ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうはく【傍白 aside】

劇のせりふの一種で独白の特殊なもの。〈わきぜりふ〉ともいう。通常の独白が原則として舞台上にただ一人いる人物によって語られるのに対して,傍白は舞台上に複数の人物がいる状態で特定の人物によって語られ,他の人物には聞こえないたてまえになっている。語り手の秘密の計画や本心など,他の人物に知られたくない情報を観客に提供するために用いられる。これによって語り手と観客は状況認識を共有し,劇の進行を距離をおいて眺めることができるようになるから,アイロニーを生むためには有効な手段である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうはく【傍白】

演劇で、観客だけに聞こえ相手役には聞こえない想定になっているせりふ。わきぜりふ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の傍白の言及

【台詞】より

…よく行われるせりふの形式上の一分類としては,2人あるいはそれ以上の登場人物の間で交わされる〈対話(ダイアローグdialogue)〉。登場人物が自分自身の考えや感情などをみずからに問いかける形をとる〈独白(モノローグmonologue)〉(モノローグ劇),対話中に対話の当の相手には聞こえないという約束で横を向き独りごとのように言う〈傍白(アサイドaside)〉などがある。【編集部】
[せりふの言語表現の特質]
 せりふは,戯曲表現の唯一の直接的な実質であり,筋や役の性格を含めて,劇的な行動のいっさいがそれを通じて表現される。…

【台詞】より

…よく行われるせりふの形式上の一分類としては,2人あるいはそれ以上の登場人物の間で交わされる〈対話(ダイアローグdialogue)〉。登場人物が自分自身の考えや感情などをみずからに問いかける形をとる〈独白(モノローグmonologue)〉(モノローグ劇),対話中に対話の当の相手には聞こえないという約束で横を向き独りごとのように言う〈傍白(アサイドaside)〉などがある。【編集部】
[せりふの言語表現の特質]
 せりふは,戯曲表現の唯一の直接的な実質であり,筋や役の性格を含めて,劇的な行動のいっさいがそれを通じて表現される。…

【独白】より

…人物が特定の相手に聞かせることを目的とせずに語るせりふ。舞台上に他の人物がいないときに語られる単なる独白と,他の人物がいるときに語られる傍白とに区別される。古典劇ではよく用いられ,シェークスピアやモリエールの劇には頻出する。…

※「傍白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傍白の関連キーワードドービニャック奇妙な幕間狂言アメリカ演劇ダイアローグオニール台詞

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android