凡庸(読み)ぼんよう

精選版 日本国語大辞典「凡庸」の解説

ぼん‐よう【凡庸】

〘名〙 (形動) 平凡で、特にすぐれたところのないこと。また、その人やさま。なみなみ。普通。凡人
※性霊集‐三(835頃)勅賜屏風書了即献表「自外凡庸、何解点画之奥
※源平盛衰記(14C前)三八「頗る凡庸の類に非ざり」 〔史記‐周勃世家賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「凡庸」の解説

ぼん‐よう【凡庸】

[名・形動]平凡でとりえのないこと。また、その人や、そのさま。「凡庸な(の)人物」
[派生]ぼんようさ[名]
[類語]平凡ありきたり凡俗ありふれる普通一般一般的尋常通常平常通例標準標準的平均的つねただ当たり前常並み世間並み十人並み月並み日常茶飯日常茶飯事平平凡凡常套決まりお定まり平板類型的紋切り型芸がないノーマルレギュラースタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「凡庸」の解説

【凡庸】ぼんよう

平凡。〔史記、絳侯周勃世家論賛〕絳侯勃、始め布衣爲(た)りし時、鄙樸(ひぼく)の人なり。才能庸にぎず。~呂、亂を作(な)さんと欲し、勃、國家の(ただ)し、之れを正に復(かへ)す。

字通「凡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android