コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーベルマン・ピンシェル Doberman pinscher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーベルマン・ピンシェル
Doberman pinscher

イヌの1品種。軍用犬警察犬に利用されるドイツ産の大型犬。 19世紀末に L.ドーベルマンがピンシェル種を土台に,いろいろなイヌの混血でつくった際の新犬種。性質は大胆で機敏,さらに嗅覚がすぐれている。体高は雄 66~71cm,雌 61~66cm。全体にほっそりしていて,筋腱がよく発達している。普通,断耳を施した立耳で,尾も短く断尾する。短毛で,毛色黒地黄褐色の斑が両眼の上,吻,咽喉,前胸,下肢,尾の裏にあるのが一般的。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドーベルマン・ピンシェル

イヌの一品種。体高約60〜65cm,体重約22〜34kg。19世紀末―20世紀初にドイツで作出された警察犬。名称は作出者のカール・ルイス・ドーベルマンに由来。短毛で滑らかな被毛をもち,毛色は黒・褐色チョコレート色・褐色の2種類。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ドーベルマン・ピンシェルの関連キーワードミニチュア・ピンシェル[種]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android