コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナオロージー Dādābhāī Naorojī

世界大百科事典 第2版の解説

ナオロージー【Dādābhāī Naorojī】

1825‐1917
近代インドの政治家。拝火(ゾロアスター)教僧侶の子としてボンベイに生まれる。教職を経て1855年からロンドンで商活動開始。イギリス支配を経済的に研究し,インド貧困の原因を〈富の流出〉にあると規定した。85年国民会議派創立に参加。86年,93年,1906年,議長を務めた。インド独立を掲げるスワラージ決議採択に力を尽くした。1892‐95年インド人として初のイギリス下院議員となった。1904年第二インターナショナル大会にはインド代表として参加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のナオロージーの言及

【国民会議派】より

…他はイギリス人官吏のリベラルな部分であった。この流れを背景に,A.O.ヒュームら退職官吏,すでにイギリスで活動していたD.ナオロージーらが尽力して創設したのが国民会議派で,前記協議会も86年以降これに統合された。 こうした背景から,初期の国民会議派はきわめて限られた階級・階層の利害を代弁する穏健な組織で,しばしばイギリス統治の安全弁といわれた。…

※「ナオロージー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナオロージーの関連キーワードジンナー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android