コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナオロージー Dādābhāī Naorojī

1件 の用語解説(ナオロージーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナオロージー【Dādābhāī Naorojī】

1825‐1917
近代インドの政治家。拝火(ゾロアスター)教僧侶の子としてボンベイ生まれる。教職を経て1855年からロンドンで商活動開始。イギリス支配を経済的に研究し,インド貧困の原因を〈富の流出〉にあると規定した。85年国民会議派創立に参加。86年,93年,1906年,議長を務めた。インド独立を掲げるスワラージ決議採択に力を尽くした。1892‐95年インド人として初のイギリス下院議員となった。1904年第二インターナショナル大会にはインド代表として参加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナオロージーの言及

【国民会議派】より

…他はイギリス人官吏のリベラルな部分であった。この流れを背景に,A.O.ヒュームら退職官吏,すでにイギリスで活動していたD.ナオロージーらが尽力して創設したのが国民会議派で,前記協議会も86年以降これに統合された。 こうした背景から,初期の国民会議派はきわめて限られた階級・階層の利害を代弁する穏健な組織で,しばしばイギリス統治の安全弁といわれた。…

※「ナオロージー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナオロージーの関連キーワードウルドゥー語クライブ政治運動ヒンディー語ヒンドゥスターニー語バーラトプラサドJアダムズフェルディナンドEマルコス河合秀和

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone