コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナカラ Nacala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナカラ
Nacala

モザンビーク北東部,インド洋にのぞむ港町。モザンビーク市の北約 60kmに位置。 1951年,東郊にナカラ港が建設されてから発展。同港は北部の主要港で,綿花,ココナッツ製品,砂糖などを輸出するほか,マラウイとの連絡鉄道の完成以来,同国の輸出入ルートにもなっている。人口 12万 5208 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナカラ(Nacala)

モザンビーク北部の港湾都市。モザンビーク島の北約50キロメートル、フェルナンベローゾ湾奥に位置し、天然の良港をもつ。ナンプラおよびマラウイのブランタイアと鉄道で結ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナカラの関連キーワードモザンビーク[市]フィアナランツォアモザンビーク海峡モザンビークビラカブラルマダガスカル二条河原落書ミッフィーサクランボ半井 桃水トアマシナ浅野みち子ナッカーラクアンバ一寸法師リシンガ維新史料サリマ

ナカラの関連情報