コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガコガネグモ ナガコガネグモ Argiope bruennichii

2件 の用語解説(ナガコガネグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガコガネグモ
ナガコガネグモ
Argiope bruennichii

クモ綱クモ目コガネグモ科。体長は雌2~2.5cm,雄 1cm前後。雌は頭胸部は銀白色,腹部は黄色地に細い黒色の横縞が約 10本ある。雄は全体に黄褐色で目立たない。幼生は白っぽく,腹部に斑紋はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガコガネグモ
ながこがねぐも / 長黄金蜘蛛
[学]Argiope bruennichii

節足動物門クモ形綱真正クモ目コガネグモ科に属するクモ。夏の終わりに成熟し、水田の畔(あぜ)などに多くみられる。体長20~25ミリメートル、腹部はやや長く、細い黄と黒の多数の横縞(よこじま)がある。網は垂直円網で、中央にジグザグの「隠れ帯(かくれおび)」をつける。成長とともに隠れ帯の形は変わる。つまり、初めは数本並列しているが、成熟すると長い1本になる。9月初めに壺(つぼ)形の卵嚢(らんのう)をつくる。ファーブルは『昆虫記』で、このクモの産卵状況を詳しく書いているが、記事に誤りのあることがフランスや日本の学者に指摘された。
 コガネグモをジョロという地方では、ナガコガネグモをタジョロとよんで区別する。本州、四国、九州、南西諸島に分布するが、ヨーロッパでも普通にみられるクモである。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナガコガネグモの関連キーワードオニグモジョロウグモトタテグモナゲナワグモ鬼蜘蛛黄金蜘蛛子守蜘蛛女郎蜘蛛棘蜘蛛コガネグモ(黄金蜘蛛)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナガコガネグモの関連情報