コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔) ナガバノモウセンゴケDrosera anglica; oblong-leaved sundew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔)
ナガバノモウセンゴケ
Drosera anglica; oblong-leaved sundew

モウセンゴケ科の多年草。北海道や本州の尾瀬沼などの高層湿原に生える食虫植物。北半球の亜寒帯に広く分布する。モウセンゴケ (毛氈苔) に似ているが,葉は多数根生して直立し,長さ3~4cmの線状へら形で表面と縁に紅紫色の腺毛が密生し,小さい虫を粘着して消化吸収する。7~8月に,葉間に高さ 10~25cmの花茎が直立し,白色5弁の小花を穂状の総状花序につけるが,花は花軸の一側にだけつき,下方のものから順次開花する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android