コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾瀬沼 おぜぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾瀬沼
おぜぬま

群馬県,福島県,新潟県の3県にまたがる尾瀬ヶ原の東部にある湖。湖面標高 1665m。長径 2.2km,短径 1.25km。周囲 6km。最大水深 8.5m。燧ヶ岳 (ひうちがたけ) の火山活動によってできた溶岩堰止湖イワナヒメマスニジマスワカサギなどが生息。湖畔にはミズバショウその他の湿原植物の群落があり,湖中植物も豊富で,浮葉植物沈水植物がみられる。これらの植生からはしだいに陸化が進み,湿原への過程にあると推定される。近くに長蔵小屋その他の宿泊施設がある。尾瀬国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

尾瀬沼【おぜぬま】

群馬・福島県境,尾瀬東部の湖。標高1662m,面積1.81km2。最深9.5mの中栄養湖。湖北の燧ヶ岳(ひうちがたけ)の溶岩流によるせき止め湖。湖水は沼尻川として流出,尾瀬ヶ原を経て只見川に合流。
→関連項目片品[村]檜枝岐[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おぜぬま【尾瀬沼】

群馬県と福島県との県界にある湖。北西にそびえる燧(ひうち)ヶ岳火山の噴出物による堰止湖で,アオモリトドマツを主とする針葉樹林帯の中にあり,湖面標高は1660m前後,面積約1.84km2。湖の北側に大江,浅湖(あさみ),沼尻(ぬしり)などの湖の一部が陸化してできたと思われる湿原が広がる。湖水は北西の沼尻から沼尻川へ流出し,尾瀬ヶ原を経て只見川となる。また南端の三平下から東電導水路によって片品川の支流ナメ沢へ流出しており,東京電力の利水のため年間3mの水位変動がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おぜぬま【尾瀬沼】

尾瀬東部の湖。燧ひうちヶ岳からの溶岩による堰止め湖。 → 尾瀬

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(群馬県)〕尾瀬沼(おぜぬま)


福島・群馬県境にある堰止湖(せきとめこ)。尾瀬ヶ原の東約4km。面積1.8km2。北にそびえる燧ヶ(ひうちが)岳の溶岩流により形成された。西方の尾瀬ヶ原とともに、ミズバショウほかの湿原植物・野鳥の種類が豊富で、尾瀬国立公園を代表する景勝地。北東岸に長蔵(ちょうぞう)小屋・ヒュッテ・環境庁ビジターセンターがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾瀬沼
おぜぬま

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

尾瀬沼の関連キーワードナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔)福島県南会津郡檜枝岐村燧ケ岳福島県南会津郡檜枝岐村日本の国立公園燧ヶ岳・燧ヶ嶽ラムサール条約浮き島・浮島日光国立公園尾瀬の雪どけ奥鬼怒温泉郷大下藤次郎片品[村]アブラハヤ雨竜沼湿原平野 長靖福島(県)武田 久吉平野 長英沼田街道武田久吉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾瀬沼の関連情報