ナタリア ギンズブルグ(英語表記)Natalia Ginzburg

20世紀西洋人名事典の解説


1916.7.14 - 1991.10.8
イタリアの小説家。
ユダヤ系イタリア人で、夫レオーネはロシア文学者として著名であった。ムッソリーニ迫害を受け、夫は拷問により獄死、彼女は初期の作品を匿名で発表せざるを得なかった。作品は日常的なものを描きながらそこに生み出される様々な悲劇や葛藤を抑制のきいた文章で書いている。代表作にビアレッジョ賞を受賞した「バレンティノ」(1957年)、ストレーガ賞を受賞した「家族の語彙」(’63年)のほかに随筆集「小さな真実」(’62年)、戯曲「海の国」(’72年)などがある。’83年には国会議員に当選した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android